トイレの水漏れの原因をつかんで早く修理を

修理は、簡単にできるものとできないものがあります。どこで線を引くのかは難しいですが、知識があればできるかどうかの判断もできるでしょう。知識がなければ、どんなことをすればいいのか判断ができないこともあります。トイレの水漏れの場合にも、わかりやすい部分とそうではない修理に分かれます。水漏れの原因から判断しなければいけませんが、できないと判断したときには、すぐに専門業者に依頼するのが大切です。

■水の音は大事な判断材料

トイレの水漏れで大切なことは、原因を判明させるところにあります。どこから漏れているのか、漏れている原因は何かを知れば、修理できるかどうかを判断できる大事な材料になるでしょう。
水漏れの原因はいろいろとありますが、原因を探るヒントが出ているケースもあります。トイレに入るときに、わずかでも水が流れる音が聞こえれば、どこかに流れている証拠です。水は溜まっているはずなのに、流れている音がする場合は、どこかから漏れています。タンクの中に零れ落ちる音がするときには、結露した水の可能性もありますが、音を手掛かりにふたを開けてみましょう。水道側から落ちているのであれば、タンクから水が流れているか、フロートがうまく働いていません。部品を購入すれば修理も難しくないため、わかりやすい水漏れといえます。

■臭いからでも水漏れがわかる

感じたことがない臭いがするというのも、水漏れを発見するポイントです。これまでしていなかった悪臭がするときには、排水側から臭いが出てきている可能性があります。トイレの床の部分を見て、異臭がしたり、水に濡れている状況が見つかれば、排水管との接続部分に問題がある証拠です。パッキンに問題が出ており、流すたびに水漏れしている可能性が出てきますが、修理は簡単ではありません。便器を外さなければ、パッキンの交換はできないからです。
専門業者の知識が必要な部分で、素人が手を出せるレベルではありません。使った汚水が流れる状況ですので、できるだけ早く確実な修理が必要です。時間がたてば、健康上にも被害を及ぼす可能性もあります。

■まとめ
水漏れの修理は、部品が手に入るのか、工程的な問題がないのかで自分で修理するのか、専門業者に依頼するのかを区別できます。確実に言えることは、毎日使うトイレなのですから、早く修理しなければ生活に支障が出ることです。自分の知識が追い付かない、知識から見て不可能と判断したときには、できるだけ早く依頼して修理することが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ