タンクレストイレで起きる水漏れの原因は

タンクレスのトイレは、省スペース化するために多くなってきています。このタンクレストイレは、多くの水を貯めこまずに済む方法です。水道管から直結させて利用しますが、構造的な違いが修理にも影響します。簡単に手は出せないだけではなく、危険性も出てくるため、水漏れしているときには、多くの確認と注意が必要です。

■電気によってコントロール

タンクレストイレは、大変便利なのは間違いありません。どうやって流しているのかといえば、水道管から直接必要な量の水を引き入れて流しますが、タンクがない代わりに電気を使っています。電気で弁をコントロールしており、給水と止水を管理させる構造が重要です。
この部分から水が漏れてくることも想定できますが、構造は非常に難しくなっています。水を止めるための構造として、電気が使われるため、安全性の確保をしなければいけません。電気を止めてから、便器の背面部を分解しますが、バルブのシャフトの劣化などもありますし、部品の固着も原因です。既存のタイプとは違い、みても分からない場合もあるため、専門業者に依頼して修理しなければ直らないことも多いケースです。

■複雑になった構造が水漏れの原因にも

タンクレストイレは、小さくまとめられたことで構造が複雑になりました。接続される部品も多くなり、簡単に修理ができません。水漏れを起こしたとしても、原因の追究が難しく、はっきりしない場合も出てきます。誤作動からの水漏れとして、リモコンの故障も考えておかなければいけません。電気を使ってコントロールしており、この誤作動でも水漏れが起きる可能性が出てきます。
これまでであれば、ゴム栓などの問題で水漏れが続きましたが、誤作動を起こして水が流れてしまえば、簡単に判別ができません。リモコンをトイレに近づけて反応を見てみることも必要で、反応がない場合には、電源を切ってみるのも方法です。センサー部分の汚れも誤作動を引き起こします。発信不良や受光部の劣化なども出てくるため、これまでのトイレとは違った確認が必要です。

■まとめ
タンクレストイレは、便利です。スペースも小さく収められるため、バリアフリー化にも役立てられます。優れた性能を持っている反面、水漏れの原因も変わってきました。電気を使っていることが大きな違いとなりますが、修理も難しくなるため、専門業者に依頼するのが一番でしょう。トイレという設備である上に、家電製品なのを忘れないことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ