ボタボタと流れてくるトイレの水漏れは

トイレの水漏れには、いくつかパターンがありますが、どの場合でも一気に水が漏れ出るケースは少ないです。ボタボタと便器の中に流れてくる水漏れは、見逃すわけにはいかないトイレのトラブルです。ほんの少しでも流れてくれば、気づかないうちに水道代がかかるため、早めに修理しないと経済的に大きな被害をもたらしてしまいます。

■わずかに漏れても水は止まらない

わずかに水が漏れてくる状況は、あまりに流れが少なく見逃す場合すらあります。ボタボタとほんのわずかだから問題がないと判断するのは、大変危険な状況です。わずかな水漏れも、止まることはありません。トイレのタンクの構造は、漏れだしたとしても、自然と直るような部分はひとつもないからです。
気づかないうちに少しずつ水漏れしている状況が非常に危険なのは、24時間止まることがないからです。使ってもいない水が流れても、トイレは流れた分だけ水を供給し続けます。ほんのわずかと思っていても、止まることなく続いていけば、気が付いたときには膨大な量が流れでるでしょう。自分で修理できないなら、専門業者に依頼しても早急に修理して改善する状況です。

■外でボタボタと水漏れするケースもある

ボタボタと流れるのは、タンクから流れ落ちる便器の中だけではありません。便器の外へと漏れだすケースもあります。配管からわずかに漏れてくる状況も、大量に流れ出るだけではないからです。数的ずつ流れてくる状況もトイレの配管にはあります。
接続部に使われているパッキンは、水に触れていると、徐々に劣化が進む部品です。時間とともに弾力がなくなり、隙間が生まれると漏れてきますが、すぐに吹き出すわけではありません。ほんのわずかでも漏れてくる場合があるため、見逃さないことが重要です。
わずかな場合、水の流れをつかめない場合もあります。その時には、白い筋を頼りにして原因を探すのがポイントです。水の流れに沿って出てくるため、原因をつかむヒントになります。
水はほんのわずかでも跡を残します。掃除をするときにも、異変に気が付く場合があるでしょう。何かおかしいと思ったときには、何が問題なのか、おかしい原因の追究が重要です。

■まとめ
わずかな水漏れでも、被害が出てくるのには変わりがありません。水は自然と止まることがないため、必ず対処が必要です。わずかと思っていた水漏れが、大量に吹き出すことも出てきます。あまりに大きな問題になる前に、大事なヒントと考え修理するのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ